歯科で発見された私の歯周病

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯周病かと思ったら歯科に行きましょう

自分は歯周病ではないかと思った事は無いでしょうか。今、歯周病が問題になっているのです。日本人の多くが歯周病にかかっているという調査さえあります。歯周病というのは基本的に初期の場合ですと、自覚症状がありません。だから、もし自覚症状があった場合には、もう、かなりその病状が進行していると思っても良いのではないでしょうか。そして、歯周病というのは、病気が進行すればする程に、治療が難しくなって行く点だと思うのです。そして、結局、長く治療をしなければならない羽目になってしまうのです。そうして、最終的には歯を抜かなければならない所まで行ってしまうのです。とても恐い事ではないでしょうか。そして、歯周病なのですけれども、歯周病だなと思って歯科に行くという方は実は少ないのです。何故ならば、症状がほとんど感じられないからです。ほとんどの場合、他の症状、例えば、虫歯などがありますよね。そういった治療の為に歯科に訪れて、そして、歯周病が見つかるという場合が多いのです。だから、歯周病を見つけるのは自分ではなかなか難しいのです。それでも、歯周病かもしれないチェックポイントがあるのです。ではそれはなんでしょうか。

例えば歯磨きをしている時にすぐに歯茎から血がでていs舞う人がおられますよね。歯磨きしたら歯ブラシにすぐに血が付いてしまったり、硬い物を食べるとすぐに血が付いてしまう人がおられますよね。こういった方は、歯周病の可能性があるので歯科に行きましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017歯科で発見された私の歯周病.All rights reserved.