歯科で発見された私の歯周病

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科の病気の歯周病については

今は若い人でも歯周病になる人もいます。歯周病は年寄の病気だと思っている人は注意をしてほしいです。毎日のブラッシングの仕方一つで病気になるか、ならないかが分かれてしまいます。歯周病は歯の周りの病気ですから、歯をしっかり磨いてもその周りの歯肉などもしっかり磨かないと意味がありません。特に歯と歯茎の間をしっかりと磨いてほしいと思います。今は歯周病専用の歯ブラシもありますし、マウスウォッシュもあります。虫歯になりやす人はブラッシング以外にもデンタルフロスやマウスウォッシュなどを利用してみることをおすすめします。歯は一生ものですから、大事にして付き合っていきたいと思います。歯茎がぶよぶよになると、歯が抜けてしまいます。そうなると食べ物を自由に食べることができなくなってしまいます。その前に歯科医院行ってほしいです。

おいしいものを食べるときにも心から楽しめませんし、いればなど手入れもする必要が出てきます。またブリッジやインプラントなどもお金がかかります。一番は自分の歯で死ぬまで生きることだと思います。毎日の適切なブラッシングで歯周病や虫歯を予防することはできます。だらしない生活をしている人は、やはり歯も抜けるのが早くなってしまうでしょう。歯周病はとても恐ろしい病気ですから、知識をしっかりもって予防に努めてほしいと思います。自分の歯を守ることができるのは自分だけですから、口腔内のケアはしっかりとしてほしいと思います。抜けた歯は生えてきません。

おすすめ情報

Copyright (C)2017歯科で発見された私の歯周病.All rights reserved.