歯科で発見された私の歯周病

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯が無くなるかもしれない歯周病は歯科での検診で防ぎましょう。

私は健康だと思っている方も、もしかすると歯周病になっているかもしれません。歯周病とは、歯についた歯垢に含まれる細菌によって、歯ぐきが炎症をおこし、最後には歯を支える骨まで溶かしてしまうという怖い感染症です。痛みなどの自覚症状がないため、自分の歯の状態をよく観察する必要があります。最近、歯ぐきがはれていたり、昔に比べて歯の根元まで見えるようになったり、歯が大きく見えるようなことはありませんか。歯垢は、歯と歯茎の間にたまっていき、少しづつ歯ぐきを後退させていきます。歯が大きくなったのではなく、歯ぐきが後退しているかもしれません。

成人の中で、歯周病になっている人は、約8割といわれます。自分も歯周病かもしれないと思った方がよさそうです。また、歯を失う原因の第1位も歯周病です。歯がなくなると、かたい物が食べられず、体全体の健康にも影響を与えます。歯周病によって、老後に美味しい食事ができなくなることもありえます。歯磨きをして自分でケアすることも大切ですが、歯のことは、歯科でみてもらうと安心です。歯科では、歯ぐきがはれているかをチェックしたり、レントゲンで歯周病の進行状況を確認します。また、歯科によっては、自分の口にいる細菌を顕微鏡で見せてくれるところもあります。歯の掃除をしてもらうと、今まで自分の歯に歯垢がついていたことを実感し、歯垢がなくなったことですっきりとした感覚を味わいうことになります。定期的に歯科に通うことで、歯周病の進行を防ぐことにもなり、また、将来の自分の歯を守ることにもなります。

おすすめ情報

Copyright (C)2017歯科で発見された私の歯周病.All rights reserved.